スポンサード リンク

振袖の種類

振袖というと袖の長い着物を想像すると思いますが
振袖の中にもいくつか種類があります。

大きく分けると振袖には3種類あって
大振袖、中振袖、小振袖に分けられます。

名前を見ただけで何となくわかると思いますが
それぞれ袖の長さが違います。

一番袖が長いのが大振袖で、次が中振袖、小振袖が袖が一番短くなります。
振袖の格の高さは袖の長さだけで決まるわけではないですが
大振袖>中振袖>小振袖の順番に格が高くなります。

それぞれ袖の長さは以下の通りです。

「大振袖」三尺〜三尺三寸(約114〜124cm前後)
「中振袖」二尺四寸〜八寸(約91〜110cm前後)
「小振袖」二尺〜二尺三寸(約76〜88cm前後)

袖の長さで尺をセンチに直すときに
通常使う尺で計算をすると長さが合わなくなります。

なんでだろうと調べてみると
一般的に使う尺の長さは一尺で約30センチ
一寸が約3センチになります。

しかし、着物の仕立ての場合は鯨尺(くじらじゃく)という尺が使われます。
鯨尺では一尺が約38センチ、一寸は約3.8センチになります。
一尺で8センチも違うのですから計算も合わなて当然ですね。

振袖に使われる柄の特徴は華やかな絵羽模様が特徴で
牡丹や椿・藤といった花や草木、御所車、鳥や蝶、扇や手鞠、小鼓などが
よく使われます。

振袖の柄の付け方は着物全体に入っているものが一般的ですが
着物全体が一枚の絵のようになっている総模様や無地やグラデーションなど
振袖にも年齢やイベントに合わせて色々な柄があります。
洋服に比べるとバリエーションが多いので、着物には選ぶ楽しさがあります。

■大振袖

振袖の中で一番袖の長い着物で未婚女性の
第一礼装で最も格の高い着物です。
正式なものでは着物に紋を5つ付けるようですが
現在では紋は省略されている事が多いです。

結婚式で花嫁が着ることが多かったのですが
最近では成人式にも大振袖を着ることが多くなりました。

■中振袖

中振袖は結婚式の出席や成人式などの正式な場に着ることが多いです。
特に結婚式では、黒っぽいスーツをきている人が多いので、華やかな振袖を
着ると場が華やかになり好まれます。

■小振袖
小振袖

小振袖は大学の卒業式に袴の上に着ることが多く
観劇やお茶会、パーティーなど気軽に礼装を楽しみたい場合に着用します。
一般にはあまり市販されていない着物なので
レンタルか仕立てがメインになります。

スポンサード リンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ