スポンサード リンク

振袖は大変だけどもう少し着ておけば良かった

私はこれまでに成人式、大学の謝恩会、
友人の結婚式での3回、振袖を着ました。
父がアパレル系の会社に勤務していたので、
成人式の前に父の会社を通して両親に振袖を買ってもらいました。
せっかくの振袖なので華やかな色がいいかなと思ったので、
赤を選びましたが、柄を選ぶのに苦労した覚えがあります。
素敵な柄だなと思っても、試着してみると
しっくりこなかったり、柄の位置によっても雰囲気が
違ってきたので、選ぶのに大変時間がかかりました。
振袖を実際に着てみてと華やかな感じになり
とても嬉しかったのですが、普段の洋服とは違い、
なかなか思ったように動けなかったのが大変でした。
歩くのはもちろん、階段などを降りる時は
袖に気をつけないといけなかったり、
お手洗いに行くと着崩れが気になってしまったりと、
嬉しさ半分大変さ半分で過ごした思い出があります。
大変な思いをしたものの、やはり振袖を着ていると
その場が映えて良かったなと思います。
結婚して振袖を着る機会がなくなってしまいましたが、
今となればもう少し着ておけば良かったなと思います。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ