スポンサード リンク

振り袖は着ると喜ばれる!

成人式の時、振り袖はいとこのものを借りて記念撮影だけしました。
でも、その話を聞いた祖母が
「振り袖は自分のものを買わないとダメ!」と言い出して、
祖母がプロデュースして両親がお金を出して急遽買うことに。
私が、ピンクや赤、青は好きではなく、当時
振り袖として流行っていたものはそういう色で、
気持ちが乗らなかったのですが、洋服デザイナーがデザインをした
という着物は、紫のような落ち着いた色のものに、振り袖の下の方から
沢山の桜が咲いているデザインで、色も落ち着いていて
とっても気に入り、買ってもらいました。
それ以外の帯などは祖母のお見立てです。
成人式で着なかったのに振り袖を買ってもらってしまったので、
しっかり着なくては!
と思って、呼ばれる披露宴や結婚式にはとにかく着ました。
洋服だといつも同じものだと気が引けますが、
着物は帯や帯揚げ等の小物を変えるだけでも
新鮮なイメージですし、何より洋服主流の結婚式、
振り袖を着て行くととても喜んでもらえました。
今でも、結婚式の話になると振り袖の話が出てくるほどです。
また、自分の結婚式でも最後に、いとこの振り袖をお色直しで着ました。
祖母に選んでもらった着物を母に着つけてもらった振り袖での結婚式。
自分では大満足の選択が出来たと思っています。
せっかく買った振り袖が成人式だけではもったいない!
沢山活用して欲しいです。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ