スポンサード リンク

振袖を着るのは新鮮でした

20歳になって初めて、振袖を着させてもらいました。
朝から着付けに髪のセットに1時間以上かかりましたが、
自分の選んだ振袖、帯、髪飾りを身に着けて、髪や化粧も
いつもよりバッチリ決めました。
これからの人生振袖を着る事ってもうないと思うので、
とてもいい経験になりました。
振袖を着るまでに何枚かのタオルを間に挟まれたのですが、
あれが私的には、微妙でした。
洋服みたいにサイズがあるわけではなく、
着てピッタリって感じがないので、あまりしっくりきませんでした。
また、長さも少し長めなので、帯で調節するといったのにも
ビックリで、浴衣とか着物を滅多に着ない私には、とても新鮮でした。
それに、浴衣と違って振袖を着るって大変だと思いました。
私は専門の人に着付けて頂いたのですが、
自分で着付けるのって本当大変なんだろうな?って思いました。
着付け完了し、式に参列して友達と写真撮ったりと、
いろいろ歩き回っていたのですが、歩きにくいし、
帯はキツイしで早々に退散してしまいました。
でも良い衣装に、見舞われていい思い出になりました。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ