スポンサード リンク

同じ振袖でも雰囲気が変わってフル活躍

20歳の成人式にと、母が見立ててくれた振袖は
白地に赤色の大胆ながらの総絞りのものでした。
昔から、出入りの呉服屋さんの展示会などにいったり、
お勧めの着物があるというのをみたててもらい、
着物が好きで、日本舞踊もやっていた母に、お任せしました。
成人式には出席せず、家族でのお食事会に着ました。
当然写真は、記念にプロに撮ってもらい、
とても良い思い出になりました。
その後、大学卒業の謝恩会がホテルと
友人の結婚式に振袖を着ました。
友人の関係が大学、高校、会社と、違ったこともあり
同じものを着ていても、「あっ、また同じの!」というようなことは
誰にも指摘されず、髪型を変えたり、帯の結び方を替えたりで、
雰囲気も変わりました。
お正月に、日本料理の料亭での宴会の時にも、着ました。
良いものを着ていると、皆に言われて少し照れくさい感じがしましたが。
本振袖でしたので、やはり袖が汚れないか気を付けましたが、
中振袖とは違い、豪華さがあり、外国人の観光客の人に
写真撮ってもいいですかと言われたくらいでした。
記念写真のときに、安物の着物の場合は、
振り袖の袖に、重しを入れて落ち着かせて恰好を付けるようで、
助手の人が、重しを入れようとしたらカメラマンの人は、
目が肥えていたと見え、そんなものは必要ない、と、
助手の人が怒られていました。
母が、着物に慣れていて、知識もあったから
良いものを選んでくれたと思います。
もし、振り袖選びに悩まれたら、
良く知っている人に、相談した方がいいと思います。
着物と、洋服では、やはり、何がいいかが、微妙に違うと思います。
柄も、古典柄、現代的なもの、また、自分に似合う色などもありますので
自分の好みの色が、必ずしも、似合う色とは限らないということです。
どうしても、振り袖は目立ってしまいますから、
自分以外の人の意見を聞いた方がいいかもしれません。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ