スポンサード リンク

振袖は今でも大切な宝物です。

成人を迎える時に、親に地元の呉服屋さんで振袖を購入してもらいました。
実家の辺りでは、振袖を購入する場合は2か所くらい
呉服屋さんが決まっており、どちらかといった感じでした。
いろいろなお店からカタログが送られてきて見ていましたが、
購入するお店は親が決めていました。
カタログでその年の流行りなど傾向を見て憧れていたのですが、
田舎の呉服屋さんで普通なものを買ってもらいました。
それでも和服好きな私はとても気に入っており、
他の色で気になっているものもありましたが、周りはレンタルの
人もいたり、親戚からのお下がりを着た人もいたので、
自分用にお祝いに買ってもらえることに有り難さを覚えました。
成人式当日は大雪で、お参りや記念写真撮影の為、
天気のいい日に日を改め着ました。
美容院で着付けをしてもらい写真館や神社へ振袖で歩いていると、
近所の人達が皆振り返ってみてくれたり、お祝いの言葉をくださったして
着物って目立つんだなぁと改めて思いました。
また温かい言葉もとても嬉しかったです。
この振袖は友人結婚式にも着ました。
成人式の時し合わせて3~4回は着ました。
自分で着られればお正月なども着たいところでしたが、
着つけで1万円するので、諦めました。
今は年を取り結婚もしたので振袖は着れませんが、
思い出の詰まった着ものは今でも大切な大切な宝物です。
いつか着付けも習って子供には自分が
着せてあげられるようになれたらなあという
夢を抱いています。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ