成人式のときに振袖を着ました。
振袖は、にしかという着物屋さんでレンタルをしました。
振袖選びで重視したことは、レンタルだったので、
いかに高そうな物を着るかを、一番重視しました。
レンタルのものだと、やっぱり買ったものよりは物が
少し劣ってみえますし、安く見えてしまいます。
それをいかに高そうな振袖を選ぶか、に一番時間をかけました。
あとは、自分に似合うかどうかです。
私はどちらかというと、顔が薄目なので、大きい模様で、
色も派手な物よりは、小ぶりで色もぼやけた感じの
少しおしとやかな振袖が似合うと思ったので、
そういう物を探しました。
また、着物屋さんが、振袖にも流行があって、
今の流行りは、これですよ!と推していただいたのですが、
あまり嬉しくはなかったです。
振袖を着てよかったことは、成人式にスーツを着るよりも華やかで、
一生残る写真にその姿で残せてよかったな、と思いました。
苦労したことは、レンタルということもあり、
汚してはいけない高価なものなので、絶対に傷つけたり
汚れたりしないように気を付けました。
振袖は、袖が長く、床にぎりぎりの位置にあったので、
床ですれないよう、腕を少しあげていなくてはいけなかったので、
とても疲れました。
また、締め付けがすごかったので、
座った時などに息が苦しくて、大変でした。
しかし、やっぱり、振袖を着ると、
本当に成人を迎えたという高揚感がありました。
周りからもたくさんほめてもらって、
振袖を時間がかかっても選んで着てよかったな、
と思いました。