スポンサード リンク

親が決めた振袖だけど、結果的には満足

成人式の時に振袖を親に購入してもらいました。
地元の呉服屋さんです。
成人式当日は大雪で着るのを断念しました。
ニュースでは、みんな雪で大変な中、着ている姿をやっていて、
私は・・・とショックだったのが今でも心残りです。
後日、お参りと写真撮影の為に振袖を着ました。
近所の美容院で着せてもらい、写真館まで歩いて、
自宅まで歩いて、神社まで歩いて・・・
ご近所の方に何人もお会いして、
みなさんにお誉めの言葉をいただき嬉しかったです。
着物は大好きなので脱ぐのが嫌なくらいでした。
苦しいとかよく聞きますが、着つけが上手というのもありますが、
そういうのも含めて『和服だなあ』と思うのです。
着物はオレンジ系です。呉服屋さんと親とで決められてしまいました。
本当は他の色で欲しいのがあったのですが、
私の体型や全体的な印象と親の予算でソレに決まったのです。
体が大きいから、ピンクなどの薄い色より
濃い色がしまって見えていいとのアドバイスでした。
振袖は若い時しか着ないから、
青系より赤系にしたかったので、
その点は満足しています。
その後、結婚式などで3回着ました。
できることならお正月など、もっと着たかったのですが、
自分で着れないので、その度に着つけ料がかかることを考えると
・・諦めました。
代わりと言ってはなんですが、子供が女の子で、
七五三のお祝いで着ものを購入したので、
お雛様やお正月など機会がある度に私が着せています。
子供も着ものが大好きなので、喜んで着てくれています。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ