私は高校時代の親友の結婚式で友人と2人で振袖を着ました。
振袖は成人式の時に祖母に百貨店で一揃えで買ってもらったものです。
成人式の後になかなか着る機会がなく、成人式以来着ました。
高校時代は新婦を含めた3人でとても仲が良かったんです。
結婚式では友人スピーチを頼まれていたので、
これは気合を入れて振袖を着ようということで
一緒にスピーチする子と着ることにしました。
結婚式はお昼からだったのですが、
私は美容室で着付けとヘアメイクをお願いしたので
とても朝が早くなってしまって
それはちょっときつかったです。
でも母に
「結婚式に招いてもらったんだから、
こちらだってそれなりに準備するのが当然なのよ」
と言われ納得しました。
花嫁さんはきっともっと前から準備大変だったんだろうなぁ
と感じたら当日の私の早起きくらいささやかなことですね。
そしてふたりで振袖を着て式に参列しました。
すると新婦のお母さんが私たちの振袖姿をとても喜んでくれました。
「支度大変だったでしょう。ありがとう」
と声をかけていただきました。
とても嬉しかったです。
そして直接言われたわけじゃないのですが、
新婦の親族の女の子が
「あ、振袖いいなぁ、私も着たかったぁ、次の時は私も振袖着たい!」
と話しているのが聴こえてきて、
これもとても嬉しかったです。
友人スピーチもとても上手に出来、
結婚式も感動的で素敵な結婚式でした。
少しお酒も入っていい気分になった私たちは
せっかく振袖着てもう帰るのはもったいないね、ということで
寄り道をして帰ることにしました。
その途中で小さな女の子が私たちを見て
「お姫様みたーい!!」って言ってくれたんです。
最後にとても素敵な言葉のプレゼントをもらいました。