スポンサード リンク

振袖のしわ、たたみシワを取る方法

正絹の振袖を引き出しタンスから出してみたら大きなたたみシワができてしまった。
実家から振り袖を送ってもらったらたくさんのシワができてしまった。

振袖のシワは場所によっては目立ちますが
下前や帯の下に隠れる部分にできたシワなら
あまり気にしなくても大丈夫です。

隠れる部分であればそのままでも大丈夫ですが
袖や裾、胸元、背の部分にあると気になると思います。

小さなシワや目立たないシワならば
着物専用のハンガーに数日かけて陰干しすれば
着物の重みでシワが取れます。

しかし、ハンガーにかけても
とれないシワもあります。

注意しながらであれば
箔や刺繍が施してある振袖でなければ
自宅でアイロンをかけることで
シワを伸ばすことができます。

方法としては当て布を霧吹きで軽く湿らせてから
シワの部分にアイロンを当てていきます。

スチーム機能のあるアイロンもありますが
直接スチームを振袖に当てると生地を痛めたり
変色する可能性があるのでやらないでください。

振袖は高価な物なのでアイロンをかけるのに不安があったり
安全を第一に考えるなら、着物を扱っているクリーニング店に
出すのが良いです。

お店によってはシワ伸ばしのプレス加工だけを
やってくれるところもあります。

少し時間がかかっても良いなら
インターネットで安いところを探してみるのも
良いと思います。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ