スポンサード リンク

卒業袴・女袴について

卒業式や成人式で女子が着る袴は卒業袴(そつぎょうはかま)または
女袴(おんなばかま)といわれています。

女袴は武道で着用するような股のあるズボンのような形ではなく
スカート状の行灯袴(あんどんはかま)です。
明治時代に女学生や働く婦人が着用したのが始まりで
現在の卒業式や成人式でも着用されています。

袴姿の女性といえば「はいからさん」という
言葉を一度は聴いたことがあると思います。

「はいからさん」は明治時代に女学生が日本髪に代わる
モダンな庇髪(ひさしがみ)という髪型でえび茶色の袴を
履いている姿のことをいうそうです。

また、自転車に乗っている「ハイカラさん」の
イメージもありますが、これにはモデルになった人が
いるそうです。

その「ハイカラさん」のモデルになった人は
オペラ女優の三浦環さんです。
彼女は自宅から学校までを当時は珍しかった自転車で
通学していたので「自転車美人」として話題になって
いたようです。

あとは『はいからさんが通る』という漫画があり
南野陽子さんが主演で映画やドラマの印象が強く残っている
人もけっこう多いと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ