振袖の柄といえば筆で絵を描くように
手描きで模様を描く「友禅」が代表的です。
「友禅」の特徴は多彩な色彩を使い
曲線的な動植物、器物、風景などの文様を
手描きで描く物です。
「友禅」というと手描きというイメージが
ありますが、現在は型染めや友禅を模した模様を
プリントしたものも友禅として販売されているようです。
プリント技術が発達してきて複雑な印刷も
できるようになったのでしょう。
当然、プリントの友禅の方が手描きの
友禅よりも安く購入できるでしょうが
素人が見ても違いがわからない気がします。
そこで、手描きの友禅は「本友禅」と
呼ばれています。
とはいえ、「友禅」といえば
やっぱり手描き。プリントだといわれたら
ありがたみが半減するような気がします。
そもそも、「友禅」という名称は
どのような理由で呼ばれるようになったのでしょうか?
一般的にいわれているのは江戸時代の扇絵師・宮崎友禅斎が
友禅染の技法や創作したから、その名前から名づけられたといわれています。
友禅には地域によって名称が付けられています。
その代表的なものが「京友禅」「加賀友禅」です。
地域によって独自の表現を発展させています。