スポンサード リンク

振袖・着物のたたみ方

大切な振袖を着た後にはきちんと手入れをすることも大切です。
ここでは振袖のたたみ方について説明されている動画やサイトを紹介します。

振袖・着物のたたみ方にはいくつか種類がありますが
ここでは「本だたみ」と「夜具だたみ」「袖だたみ」について
まとめてみました。

【たたむときの予備知識】
着物をたたむ前に、柔らかい布やブラシなどで埃・ゴミをはらい
きものハンガーにかけて室内で1日陰干しにした後にたたみましょう。
振袖をたたむ前に、まず床や畳をきれいにしましょう。
刺しゅうや金彩加工の振袖は、その部分に和紙を当ててたたみましょう。

本だたみ

一般的な着物や振袖のたたみ方が「本だたみ」になります。
留袖や振袖で金箔や刺繍の加工が多くないなら、「本だたみ」で大丈夫です。

動画は着物の基本的なたたみ方を動画で分かりやすく説明しています。

夜具だたみ(夜着だたみ)

「夜具だたみ(夜着だたみ)」は振袖、留袖、訪問着等、
刺繍や箔、絵羽模様のある着物のたたみ方になります。

動画では留袖で江戸褄(夜具だたみ)を
見る事ができます。襟元の折り方がイラストや写真では
分かりづらいので動画で見るとわかりやすいです。

袖だたみ

着付けなどでちょっと片付けておきたいときの
一時保管用のたたみ方です。
長期間の保管には「本だたみ」や「夜具だたみ」にしましょう。

■振袖・着物のたたみ方が掲載されているサイト

振袖 たたみ方/青山きもの学院
写真付きでわかりやすく説明されています。

振袖のたたみ方/呉服の丸中
夜着だたみがイラスト付きで紹介されています。

振袖・長襦袢・帯のたたみ方/京都きもの友禅
イラスト付きで解説させています。

振袖本たたみ方/みやたけ工房
写真付きで振袖の本たたみの仕方が載っています。

振袖のたたみ方/美容室TAYA
イラストで振袖のたたみ方が紹介されています。

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ