スポンサード リンク

幻の染めとして人気の「辻ヶ花」

辻ヶ花(つじがはな)とは、室町末期から桃山時代にかけて現れた、
絞り染めと墨書きによる、繊細な草花模様の描き絵が特徴で
製作に高度な技術が必要なため江戸時代頃には作られなくなってしまいました。

しかし、近年になって「幻の染め」として名品を摸したものなどが
作成され「辻が花」の名が一般に知れ渡るようになりました。

ただ、最近では技法を忠実に再現した「辻が花」よりも図柄をマネたものを
辻が花模様といっていることが多いようです。


 

 

スポンサード リンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ