スポンサード リンク

振袖の柄について

振袖はお祝いのときに着るので華やかな模様が
ほとんどで、古典的な模様だけでなくモダンな柄もあり
選ぶのに迷うことが多いと思います。

そこで振袖によく使われる柄について
まとめてみました。

吉祥文様(きちしょうもんよう)

写真提供:ロイヤルローゼ
松竹梅・蘭・菊・瑞雲(ずいうん)・鶴亀・鳳凰(ほうおう)
御所車といっためでたいもの、良い兆しのもの。

宝尽くし文様

写真提供:京都うさぎ堂
如意宝珠・宝鑰(ほうやく)・打ち出の小槌(こづち)
金嚢(きんのう)・隠れ蓑・丁字などの宝物を描いた模様
で古来より縁起が良いと親しまれています。

檜扇(ひおうぎ)

写真提供:七海 ななみ
檜の薄板を色糸でとじた絵扇。
貴婦人が礼装時に持っていたものです。

百花模様

写真提供:安田屋呉服店
桜、梅、菊、椿、牡丹、紅葉など多くの華を描いた模様。

波文様

写真提供:西陣屋
変化を続ける雄大な波の流れの一瞬をとらえた優美さを感じさせる文様です。



写真提供:きものShop ゑり正
古くから縁起が良いとして扱われ、長寿を表すといわれています。

スポンサード リンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ